以下の協会会員に登録することで、この動画は見放題になります。

Vol.31 疑義解釈を含む入院重要項目(高度急性期・急性期)(収録時間35:44)

   関連ファイルがあります 

(Vol.31~32 疑義解釈を含む入院重要項目(高度急性期・急性期・回復期・慢性期).zip / 30.5MB)
Vol.31 疑義解釈を含む入院重要項目(高度急性期・急性期)

【講義トピック】
・告示と通知の違い
・厚労省保険局森光敬子医療課長のコメント
・地域の救急医療体制において重要な機能を担う医療機関に対する評価
・救急車受入件数と医師数の関係
・救急搬送受入件数に占める救急搬送年2,000件以上受入病院の割合
・救急搬送看護体制加算400点の新設(救急車等1000台以上)
・疑義解釈その1(2020年3月31日)
・改定前の重症度医療看護必要度と割合
・重症度医療看護必要度の見直し
・2020年改定看護必要度の新基準(2月7日答申)
・重症度、医療・看護必要度の測定に係る負担の軽減
・2020年改定後の評価票
・3月5日の告示で追加手術、検査判明
・手術は2万点以上、Ⅱには救急医療管理加算等を追加
・A,B,C病院の看護必要度Ⅱの現行(25%)と改定後(29%)比較
・「救急」「手術」患者がいないと厳しいことに
・E病院(300床)看護必要度Ⅱの入院経過日数推移
・主要疾患の詳細(脳梗塞)
・主要疾患の詳細(誤嚥性肺炎)
・主要疾患の詳細(心不全)
・主要疾患の詳細(膝関節症)
・主要疾患の詳細(大腿骨頸部骨折)
・主要疾患の詳細(狭心症)
・基準②廃止のバーターが認知症ケア加算の充実
・身体拘束率の全国平均28.7%
・A病院とB病院の認知症ケア加算ベンチマーク
・救急医療管理加算の見直し
・救急医療管理加算一般病床100床あたり年間算定件数
・都道府県別のDPC機能評価係数Ⅱの救急医療係数平均値
・DPC救急医療係数と救急医療管理加算の相関関係
ログインするとコメントをすることができます

関連動画 一覧へ