以下の協会会員に登録することで、この動画は見放題になります。

Vol.32 疑義解釈を含む入院重要項目(回復期・慢性期)(収録時間25:55)

   関連ファイルがあります 

(Vol.31~32 疑義解釈を含む入院重要項目(高度急性期・急性期・回復期・慢性期).zip / 30.5MB)
Vol.32 疑義解釈を含む入院重要項目(回復期・慢性期)(収録時間25:55)

【講義トピック】
・地ケアへの院内転棟の都道府県差
・地域包括ケア病棟の実績要件等の見直し
・地域包括ケア病棟の転棟時の算定方法の見直し
・疑義解釈その1(2020年3月31日)
・回復期リハビリテーション病棟入院料の見直し
・人口あたりの回リハ病床数は西高東低
・二次医療圏別に見るとバラツキあり
・都道府県別の入院料1〜6の割合(実績指数の1、3、5が増加)
・発症から回リハ病棟入棟までの日数変化
・2016年改定でアウトカム評価FIM27未満だとリハビリ6単位超が包括へ
・入院料1の実績指数分布
・入院料1の平均在棟日数と実績指数の分布
・医療療養1(医療区分2、3が80%以上)だが地方では医療区分2、3争奪
・療養病棟入院基本料の評価の見直し
・中心静脈栄養の適切な管理の推進
・医療機関における業務の効率化・合理化
・情報通信機器を用いたカンファレンス等の推進
・入退院支援の取組の推進
・かかりつけ医と他の医療機関との連携の強化
・栄養情報の提供に対する評価の新設
・排尿自立指導料の見直し
・入院時のポリファーマシー解消の推進
・2025年を見据えた病院の経営戦略
・DPC対象病院の経営4指標のプライオリティ
・高度急性期・急性期の戦略・戦術
・回復期・慢性期の戦略・戦術
・病棟再編成のポイントとマグネットホスピタルの要件
ログインするとコメントをすることができます

関連動画 一覧へ